Blog記事一覧 > 未分類 > マラソン膝について 門司区交通事故治療院しんまち整骨院

マラソン膝について 門司区交通事故治療院しんまち整骨院

2016.04.10 | Category: 未分類

こんにちは‼️

今日はマラソン膝を紹介しようと思います‼️

今年の2月に3回目の北九州マラソンが開催され多くのランナーが参加し、北九州でも平日、休日問わず数多くのランナーが練習しているのをよく見かけます。

 

年々マラソン人口が増え、健康の為にマラソンを走るのは大変素晴らしい事ですが、

 

最近ランナーの増加と共に増えているのが、

 

ランナー膝です‼️

 

正式には腸脛靭帯炎といい、膝の外側が痛くなるものです。

 

 

膝を90度に曲げ、膝の外側を押さえて痛ければランナー膝の可能性が高いです。

 

初期は走るのを少し休めば痛みは取れるのですが、続けて走ればなかなか痛みが取れなくなる症状です。

 

 

ランナー膝になってしまった場合はまず、走ることを中止して下さい。

オーバーユース(使い過ぎ)が原因ですからまず走るのは中止し、アイシング(氷水などで冷やす)を行なって下さい。

 

 

また、しんまち整骨院では専門機器を使い腸脛靭帯を緩め、必要箇所の筋肉の張りを緩める運動療法を行うことで、早期にマラソンに復帰できるよう治療を行います‼️

 

ランナー膝や、この痛みなんだろうと⁉️⁉️

 

悩んでいる方

 

門司区しんまち整骨院に是非ご相談下さい‼️

 

 

 

 

当院へのアクセス情報

しんまち整骨院

所在地〒800-0055 福岡県北九州市門司区東新町1-5-33 フジビル1F
(西鉄バス新町バス停前)
電話番号093-555-8900
駐車場5台完備
予約ご予約可能です
休診日日曜・祝日
院長森本 貴心